珪素の抗酸化作用で身体の酸化を防ぐメカニズム

抗酸化作用とは?

案内人

水溶性珪素の抗酸化作用について紹介します。珪素は、英語名でシリコンと言われ変化の少ない物質です。熱を加えても酸素と結合しても錆ない性質を持っているため、あらゆる分野で利用されています。シリコンバレーと言われるように半導体に使われているのはシリコンです。

さらに美容整形で豊胸手術に使うのもシリコンです。最近では、熱を加えても変化しないので、電子レンジの調理器具にも使われています。このように珪素(シリコン)自体が酸化しにくい物質であり、他の物質の酸化も防ぐ抗酸化作用が認められています。

抗酸化作用で身体の酸化を防ぐ

珪素は細胞レベルに働きかけ、細胞を作る材料になったり、細胞膜に多く含まれます。つまり体内のあらゆる細胞の中に珪素(シリコン)が含まれているので、身体の酸化を防いでいます。

呼吸で取り入れた酸素のうち1%~2%は活性酸素になり、あらゆる細胞を攻撃(酸化)させると言われています。この活性酸素からの攻撃を防御しているのが、細胞膜にいる珪素(シリコン)です。水溶性珪素の抗酸化作用は、細胞レベルで酸化を防ぐ効果があるのです。

珪素の抗酸化作用の実験

水溶性珪素の抗酸化作用の効果を知るための実験があります。まず2つの水を入れた小瓶と2本の釘を用意します。片方は水と釘だけ、もう片方には水と釘と水溶性珪素を入れます。このまま数週間から数ヶ月放置すると驚きの結果があらわれます。

水と釘だけの小瓶の水は、釘が錆びて真っ赤になります。水溶性珪素を入れた小瓶の釘は、まったく錆びることもなく、水の透明な状態なのです。つまり水溶性珪素が釘の表面について、抗酸化作用により釘と酸素の結合を防いだのです。

簡単な実験でも抗酸化作用の効果が分るように、体内ではあらゆる細胞膜に水溶性珪素の成分が働き、活性酸素の攻撃を防御します。まさに抗酸化作用の効果ではないでしょうか?



水溶性ケイ素@人気ランキング

umo plus

水溶性ケイ素@ランキング1位 超濃縮ケイ素PF

【500ml】32,400円

通常のUmo濃縮液の2倍の特別濃度で開発した注目の超濃縮ケイ素PF。

Hyper Umo DK9

水溶性ケイ素@ランキング2位 ハイパーウモDK9

【500ml】21,600円

高血圧や糖尿病のケアに愛用者が多いスタンダードな水溶性珪素濃縮液。

ウモプラス

水溶性ケイ素@ランキング3位 ウモプラス

【500ml】21,600円

もっともスタンダードでロングセラーの水溶性珪素濃縮液で人気抜群。

※ランキングは当サイトでの売れ筋データを集計したものです。

関連記事

ケイ素水ダイエット
無理なく痩せられるケイ素ダイエットが人気!
珪素の脂肪分解作用は、皮下脂肪や内臓脂肪など余分な脂肪を分解して排出します。極端に痩せる効果はありませんが、常に適正体重を維持したい方には、手軽にできるダイエット法として人気が高まっています。
ペットの健康
大切なペットの健康にも珪素が活躍!
ワンちゃん猫ちゃんにもケイ素を飲ませて健康管理。またペットのブラッシングに使うと臭いが消えて毛並みもツヤツヤに!抜け毛やアトピー性皮膚炎が治ったという飼い主さんも多数、報告されています。
珪素の作用
酸化しずらく熱を加えても変形しない!
珪素は英語名で「シリコン」半導体には欠かせない材料です。酸化しずらく熱を加えても変形しない特徴があります。バスト整形でもシリコンが使われているのは有名です。そのシリコン(珪素)には8つの作用があります。
水溶性珪素は【500ml】に約10gの珪素が含有されています。飲み方は、1回30滴ほどずつを入れて1日10回を目処に召し上がります。500mlボトルで6ヶ月から8ヶ月使えますので1ヵ月あたりの費用にするとリーズナブルなコストで健康維持ができるメリットがありあす。 ご家族は勿論、猫ちゃんワンちゃんなどペットの健康にもお役立て頂けます。
血圧を下げる珪素のチカラ
珪素のチカラが高血圧を下げるメカニズム
珪素を飲んで薬を辞められるほど血圧が下がった事例が多数報告されています。それは珪素が細胞の活性化を高めた結果、内臓の機能を正常化させたため血圧を高くする原因が改善されたものと考えられています。
血糖値スパイク
血糖値スパイク対策に水溶性珪素が注目!
NHKで放送された血糖値スパイクが危ない!の中で、通常の健康診断で発見されない血糖値スパイクになっている人が急増していることが判りました。危険な理由は、活性酸素の異常発生!その対策に水溶性ケイ素の・・・
日本珪素医科学 学会
珪素の研究は専門家によって進んでいる!
珪素の研究をしているのは、日本珪素医科学 学会と日本珪素医療研究会です。マウス及び動物による臨床試験から人体による臨床試験、農業、林業、水産業の応用試験と分析、工業、産業における応用試験と分析など



ページの先頭へ