珪素が血糖値を下げて糖尿病を改善するメカニズム

珪素を飲み始めて4ヶ月でヘモグロビンA1Cが下がった

案内人

血糖値が高くヘモグロビンA1Cが9.5を超える糖尿病患者は、インスリンで血糖値をコントロールしながら食事療法や運動療法を続けていましたが5年以上経過しても改善の兆しが見られませんでした。 この患者さんは偶然にも水溶性珪素に出会い食事やコーヒーなど1日に5回以上珪素を摂り続けました。

その結果、1ヵ月後にHbA1cは6.5に下がりました。さらに1ヵ月後には6.1に下がりました。 4ヵ月後にHbA1cは5.1になり低血糖の危険性があるためインスリンを減らすことになりました。珪素を飲んで糖尿病を改善した事例がたくさん報告されています。

糖尿病の三大合併症を予防

糖尿病の合併症は、失明の危険性がある網膜症、細胞が壊死してしまう神経障害、人工透析が必要になる腎症です。三大合併症の共通点はドロドロ血液と血管障害です。 血液中のブドウ糖の濃度が高い状態が続くために、毛細血管が詰まり破れると失明したり腎機能が低下します。また毛細血管が詰まると細胞に酸素や栄養素が届かず細胞が壊死すると切断しなければならなくなります。 珪素には血液をサラサラにする効果と血管を強くする2つの効果があるため糖尿病の合併症予防に効果を発揮しています。

なぜ短期間に血糖値が下がったのでしょうか?

糖尿病の治療や合併症の予防に数々の奇跡を起こしてきた珪素ですが、珪素そのものに血糖値を下げたり糖尿病を治療するような作用は認められていません。あくまでも人間に必要不可欠な栄養素の一つ!というのが珪素なのです。 しかし珪素には抗酸化作用や脂肪分解作用や血管など細胞を強くする作用があるために、血液中の中性脂肪を分解・排出したり血管壁に附着したコレステロールや過酸化脂質を取り除く働きをして血液を瞬時にサラサラにしてくれます。 また細胞活性化を促す作用があるため動脈硬化で傷ついた血管や詰まった毛細血管を回復させるなど間接的に糖尿病の原因を取り除いていると考えられています。

血液検査の結果が劇的に改善

さて珪素を飲んで糖尿病を改善した患者さんに共通しているのは、血液検査の結果が劇的に改善していることです。中性脂肪が227から129に減少したり、コレステロールが正常値になる方がほとんどです。 さらに体重も80kgから55kgに減るなど肥満解消やメタボ解消を成し遂げているのです。このように健康状態が良くなる結果として糖尿病や高血圧など慢性病が改善される!と考えられています。

糖尿病の治療の第一歩に珪素は不可欠

糖尿病の治療には食事療法や運動療法は絶対に欠かせない要素ですが、残念なことに病院で指導を受けて糖尿病を改善できた人は、ほんの一握りもいないのが現実です。 食事療法や運動療法は欠かせないのは事実ですが、この効果を高めるためにも日常生活で珪素を摂取し血液をサラサラにして血管を強くする必要があると考えられています。 糖尿病になる前の健康な状態に戻すことが糖尿病治療の第一歩と考えれば、珪素の持つパワーを取り入れるのが最も手軽で安全で効果的な方法なのです。

糖尿病治療を始める前の絶対必要な2つの要素

その1:血管障害を回避する

糖尿病で最も注意が必要なのが合併症の発症です。失明・切断・人工透析など糖尿病の合併症は生命の危険を伴うからです。これら合併症の共通点は、すべて毛細血管の障害です。

ブドウ糖濃度が高い血液が血管内に動脈効果を作り、血管が詰まったり、血管が破れることで合併症を引き起こします。健康な状態なら毛細血管に動脈硬化ができても、数ヶ月で細胞が入れ替わり再生するのですが、 糖尿病になると細胞の入れ替えに必要な栄養・酸素・ホルモン・抗体を届けられなくなってしまうのです。これでは血管障害を回避することはできません。

その2:臓器の機能低下を防ぐ

もう一つ毛細血管の動脈硬化で怖いのは臓器に与える影響です。腎臓や肝臓など大切な働きをしている臓器は毛細血管の集合体のようなものです。糖尿病が悪化すると毛細血管を痛め 腎機能や肝機能が著しく低下し人工透析が必要になったりします。各臓器の毛細血管が痛むと健康な生活を維持するのが困難なだけでなく、さらに糖尿病を悪化させる原因になるのです。

珪素の力で毛細血管を回復させる

珪素には糖尿病を改善する作用はありませんが、血液中の中性脂肪や活性酸素を除去し、血管壁に付いたコレステロールを分解・排出する作用があります。さらに毛細血管の細胞の活性化を促し 血管そのものを弾力性のある強い血管に再生する力があります。糖尿病の治療を始めるなら、不足している珪素を日常的に摂取し毛細血管をフレッシュな状態にして、細胞隅々に酸素・栄養・ホルモンを送り届ける必要があります。 また現在、糖尿病治療中の方でも効果を実感できなければ、珪素を飲むことで効果を高めることもできるのです。

糖尿病は現代医学でも撲滅できない生活習慣病

厚生労働省の発表では糖尿病患者は増加傾向にあり予備軍を入れると2,000万人とも3,000万人とも言われ、毎年増え続けているのが現状です。 その原因は現代医療では糖尿病を完治させることが出来ず、薬やインスリン注射で血糖値をコントロールするしか治療法が無いからです。

これだけ医学が進んでいるのにガンをはじめ高血圧や糖尿病など現代医学では撲滅できない病気が意外と多く、その筆頭に挙げられるのが糖尿病なのです。 初期段階では症状もなく知らず知らずのうちに悪化し気が付いた時には重度の糖尿病と診断されるケースも少なくありません。

できれば早期に発見し糖尿病にならないよう予防するのがベストですが、糖尿病になってしまったら正しく理解し悪化させないための生活習慣の改善が必要です。



水溶性ケイ素@人気ランキング

umo plus

水溶性ケイ素@ランキング1位 超濃縮ケイ素PF

【500ml】32,400円

通常のUmo濃縮液の2倍の特別濃度で開発した注目の超濃縮ケイ素PF。

Hyper Umo DK9

水溶性ケイ素@ランキング2位 ハイパーウモDK9

【500ml】21,600円

高血圧や糖尿病のケアに愛用者が多いスタンダードな水溶性珪素濃縮液。

ウモプラス

水溶性ケイ素@ランキング3位 ウモプラス

【500ml】21,600円

もっともスタンダードでロングセラーの水溶性珪素濃縮液で人気抜群。

※ランキングは当サイトでの売れ筋データを集計したものです。

商品名
超濃縮ケイ素PF
ハイパーウモ
ウモプラス
レクステラ
イメージ
超濃縮ケイ素PFの画像
ハイパーウモの画像
ウモプラスの画像
レクステラの画像
ケイ素の量
17,700ppm画像
8,370ppm画像
8,370ppm画像
8,370ppm画像
期 間
200日分画像
1日2.5ml
100日分画像
1日5ml
100日分画像
1日5ml
100日分画像
1日5ml
保 証
全額返金保証
画像
-----
画像
-----
画像
全額返金保証
画像
1日のコスト
162円画像
216円画像
216円画像
216円画像
価 格
32,400円
21,600円
21,600円
21,600円
公式ページ
詳細
詳細
詳細
詳細

関連記事

ケイ素水ダイエット
無理なく痩せられるケイ素ダイエットが人気!
珪素の脂肪分解作用は、皮下脂肪や内臓脂肪など余分な脂肪を分解して排出します。極端に痩せる効果はありませんが、常に適正体重を維持したい方には、手軽にできるダイエット法として人気が高まっています。
ペットの健康
大切なペットの健康にも珪素が活躍!
ワンちゃん猫ちゃんにもケイ素を飲ませて健康管理。またペットのブラッシングに使うと臭いが消えて毛並みもツヤツヤに!抜け毛やアトピー性皮膚炎が治ったという飼い主さんも多数、報告されています。
珪素の作用
酸化しずらく熱を加えても変形しない!
珪素は英語名で「シリコン」半導体には欠かせない材料です。酸化しずらく熱を加えても変形しない特徴があります。バスト整形でもシリコンが使われているのは有名です。そのシリコン(珪素)には8つの作用があります。
水溶性珪素は【500ml】に約10gの珪素が含有されています。飲み方は、1回30滴ほどずつを入れて1日10回を目処に召し上がります。500mlボトルで6ヶ月から8ヶ月使えますので1ヵ月あたりの費用にするとリーズナブルなコストで健康維持ができるメリットがありあす。 ご家族は勿論、猫ちゃんワンちゃんなどペットの健康にもお役立て頂けます。
血圧を下げる珪素のチカラ
珪素のチカラが高血圧を下げるメカニズム
珪素を飲んで薬を辞められるほど血圧が下がった事例が多数報告されています。それは珪素が細胞の活性化を高めた結果、内臓の機能を正常化させたため血圧を高くする原因が改善されたものと考えられています。
血糖値スパイク
血糖値スパイク対策に水溶性珪素が注目!
NHKで放送された血糖値スパイクが危ない!の中で、通常の健康診断で発見されない血糖値スパイクになっている人が急増していることが判りました。危険な理由は、活性酸素の異常発生!その対策に水溶性ケイ素の・・・
日本珪素医科学 学会
珪素の研究は専門家によって進んでいる!
珪素の研究をしているのは、日本珪素医科学 学会と日本珪素医療研究会です。マウス及び動物による臨床試験から人体による臨床試験、農業、林業、水産業の応用試験と分析、工業、産業における応用試験と分析など



ページの先頭へ