ケイ素とは?

ケイ素とは、土壌に含まれる物資で元素記号は【14番】シリカやシリコンと呼ばれています。一般的には、不溶性の鉱物で、熱に強く酸化しにくい性質を持っており、半導体や土壌改良に使われています。※工業分野・農業分野・環境関連で応用研究が進んでいます。

また、わたしたち人間の体の中にある微量ミネラルの一つでもあります。

ケイ素は、体を構成する成分なので、皮膚や髪の毛・骨や歯・血管や筋肉・臓器(腎臓・肝臓など)あらゆるところに含まれています。 人間は、土壌にあるケイ素を吸収した根菜類や野菜を食べることでケイ素を摂取しています。 イモ類、海藻類、穀類などに多く含まれる食物繊維は、その大部分がケイ素なのですが、微量しか摂取できません


ケイ素を摂取するには?

ケイ素は、主にコラーゲン生成の成分なったり、ミトコンドリアを活性化する働きがあります。必要不可欠な栄養素なのにケイ素は、体内で作れません。 加齢と共に体内ケイ素の貯蓄量が減少することも分かってきており、体内に吸収しやすい水溶性ケイ素が開発されました。

先進国のドイツやアメリカでは、ケイ素サプリは一般的ですが、日本では知らない人も居ますので、まだまだ認知度は低いようです。 しかし近年は、多くのケイ素サプリが発売され、利用者も少しづつ増えています。ところが、イザ購入しようとすると迷ってしまうことがあります。

ネットで検索してみると分かりますが、ケイ素サプリには、鉱物由来の水溶性ケイ素植物由来の水溶性ケイ素の2つが存在します。 ここで困ってしまうのは、どちらのホームページにも良いことばかり書いてあるので、何を信じればいいのか迷ってしまいます。

鉱物由来のケイ素とは?

鉱物由来のケイ素とは、もともと土壌に含まれるケイ素(ケイ素の純度が99.9%ものが水晶石)を2000度以上の高熱で気化させ、その後、米のもみ殻を使った特殊製法で冷却して液化したものです。 日本では、株式会社APAコーポレーションが殆どの製品をOME製造しています。

当サイトで紹介している超濃縮ケイ素PF・Hyper Umo DK9・Umo Green・Umo Plusなど、すべて株式会社APAコーポレーションがOME製造で提供しています。

それぞれ配合されている成分が若干違いますが、基本となる水溶性ケイ素の部分は同じです。ちなみにUmo(ウモ)は、株式会社APAコーポレーションの登録商標です。


鉱物由来のケイ素の成分

鉱物由来のケイ素の成分は、株式会社APAコーポレーションをはじめ、200社を超える販売元ですべて公表されています。水溶性ケイ素UMO濃縮液の基本は2パターンです。

1.Umo濃縮液 珪素含有量【 8,000~ 9,500ppm】アモルファス(非結晶)
2.Umo濃縮液 珪素含有量【16,000~19,000ppm】アモルファス(非結晶)※2倍濃縮

植物由来のケイ素とは?

植物由来のケイ素とは、言葉とおり植物を原料に抽出した水溶性ケイ素です。 植物性ケイ素の販売会社のホームページを見ると、物性の非結晶性ケイ素(シリカ)は、鉱物由来の結晶系珪素と比較して安心・安全で、世界保健機関(WHO)でも認められています。と表示されています。

また鉱物性ケイ素は、結晶性で粒子が大きいので吸収しずらいと書いてあります。しかし、鉱物性ケイ素を開発している株式会社APAコーポレーションによればアモルファス(非結晶)と書いてあり、どちらが正しいのか迷ってしまうというわけです。


まとめ

これは、あくまでも私の個人的な意見ですが、現在、発売されている植物性ケイ素で成分表示を明確にしている会社を見たことがありません。 逆に株式会社APAコーポレーションでは、珪素含有量の調査データを公表して、 表示されている数値より著しく少ない物があることを注意喚起しています。

確かに植物からケイ素だけを大量に抽出するのは困難に思えます。現時点では、日本珪素医科学学会と日本珪素医療研究会が推奨している鉱物由来のケイ素の方が信頼できると思います。※これは当サイト管理人の個人的な見解です。



水溶性ケイ素@人気ランキング

umo plus

水溶性ケイ素@ランキング1位 超濃縮ケイ素PF

【500ml】32,400円

通常のUmo濃縮液の2倍の特別濃度で開発した注目の超濃縮ケイ素PF。

Hyper Umo DK9

水溶性ケイ素@ランキング2位 ハイパーウモDK9

【500ml】21,600円

高血圧や糖尿病のケアに愛用者が多いスタンダードな水溶性珪素濃縮液。

ウモプラス

水溶性ケイ素@ランキング3位 ウモプラス

【500ml】21,600円

もっともスタンダードでロングセラーの水溶性珪素濃縮液で人気抜群。

※ランキングは当サイトでの売れ筋データを集計したものです。

関連記事

ケイ素水ダイエット
無理なく痩せられるケイ素ダイエットが人気!
珪素の脂肪分解作用は、皮下脂肪や内臓脂肪など余分な脂肪を分解して排出します。極端に痩せる効果はありませんが、常に適正体重を維持したい方には、手軽にできるダイエット法として人気が高まっています。
ペットの健康
大切なペットの健康にも珪素が活躍!
ワンちゃん猫ちゃんにもケイ素を飲ませて健康管理。またペットのブラッシングに使うと臭いが消えて毛並みもツヤツヤに!抜け毛やアトピー性皮膚炎が治ったという飼い主さんも多数、報告されています。
珪素の作用
酸化しずらく熱を加えても変形しない!
珪素は英語名で「シリコン」半導体には欠かせない材料です。酸化しずらく熱を加えても変形しない特徴があります。バスト整形でもシリコンが使われているのは有名です。そのシリコン(珪素)には8つの作用があります。
水溶性珪素は【500ml】に約10gの珪素が含有されています。飲み方は、1回30滴ほどずつを入れて1日10回を目処に召し上がります。500mlボトルで6ヶ月から8ヶ月使えますので1ヵ月あたりの費用にするとリーズナブルなコストで健康維持ができるメリットがありあす。 ご家族は勿論、猫ちゃんワンちゃんなどペットの健康にもお役立て頂けます。
血圧を下げる珪素のチカラ
珪素のチカラが高血圧を下げるメカニズム
珪素を飲んで薬を辞められるほど血圧が下がった事例が多数報告されています。それは珪素が細胞の活性化を高めた結果、内臓の機能を正常化させたため血圧を高くする原因が改善されたものと考えられています。
血糖値スパイク
血糖値スパイク対策に水溶性珪素が注目!
NHKで放送された血糖値スパイクが危ない!の中で、通常の健康診断で発見されない血糖値スパイクになっている人が急増していることが判りました。危険な理由は、活性酸素の異常発生!その対策に水溶性ケイ素の・・・
日本珪素医科学 学会
珪素の研究は専門家によって進んでいる!
珪素の研究をしているのは、日本珪素医科学 学会と日本珪素医療研究会です。マウス及び動物による臨床試験から人体による臨床試験、農業、林業、水産業の応用試験と分析、工業、産業における応用試験と分析など



ページの先頭へ