ウモグリーンを飲んだ感想をレポートしますね!!

Umo Green S/L

水溶性珪素の愛用歴は2年以上になりますが、今回はじめてウモグリーンSを飲んでみました。 まるで青汁や抹茶のような味で、今まで飲んでいた珪素とは全く違う美味しさに驚きました。

ここではウモグリーンSを飲んでみた感想や飲み方をレポートします。

わたしは両親と夫、そして子供2人の6人家族です。みんなの健康のために2年ほど前から水溶性珪素を飲み始めました。

今までは、透明の一般的なウモを飲んでいたのですが、先日、父が病気で手術をしたので病後のケアのために、父が以前から気になっていた天然葉緑素(クロロフィル)が入ったウモグリーンを初めて飲むことにしました。

ウモグリーンは、ライトタイプの【L】が25,000円、ストロングタイプの【S】が27,000円と一般的なウモより5,000円から6,000円も 値段が高いので少し迷いましたが、父の健康のために思いきって27,000円のウモグリーンSを選びました。

でもこれが大正解。父をはじめ家族全員が美味しい!と言ってくれました。

ウモグリーンSをミネラルウォーターに混ぜて飲むと、珪素特有の苦みや塩味や臭いがまったくありません。 まるで抹茶を飲んでいるよう、サッパリした美味しさにビックリです。

ウモグリーンSが届きました!

ウモグリーンSが届きました。

早速ですが製品内容をご紹介しますネ。

ウモグリーンが届いた写真

こちらが宅配便で届いた写真です。

ウモグリーン500ml、50ml、空のペットボトルの写真

ウモグリーンSの500mlを初めて購入すると

初回限定キャンペーンで50mlのウモグリーン(ミニボトル)1本プレゼント。

このミニボトルがとっても使えるんです!

ピュピュと1滴2滴と入れる事が出来るので手軽で便利なんです。

50mlのウモグリーンは通常で買うと4.800円するので

なんだか得した気分でとても嬉しいです。

さらに空のペットボトル(1リットル用)もついています。薄めて使うのに便利。

ウモグリーンの資料

さらに同梱されている資料が凄く充実していました。

・珪素のはなし(からだの健康を支える源)小冊子
・珪素に期待できるパワーやQ&Aの説明パンフレット
・医師と学識者でつくる日本珪素医療研究会の資料

珪素が健康に良いことが解りやすくまとられています。

ウモグリーンの飲み方

さらにウモグリーンの効果的な飲み方が紹介されています。

珪素が健康に良いことが解りやすくまとめられています。

我が家がケイ素を飲み始めたキッカケは、

父が糖尿病、母は骨粗鬆症、夫は高血圧など持病があったからです。

そんな時に珪素を知り様々な書籍を読みました。

『奇跡を起こす珪素の力』 『難病を克服する珪素の力』 『ケイ素でキレイになる』

だから私も珪素のことは詳しいのですが、

この内容を抜粋で分かりやすく「まとめ」ています。

初めてウモグリーンを飲む方には、とても参考になると思います。

では実際にウモグリーンを飲んだレポートです。

パッケージを開封したウモグリーンの写真です。

ウモグリーンとミネラルウォーターの写真

最初に試したのは、説明書に書かれていた飲み方です。

Umo Green S/L

同梱されていた1リットルのペットボトルに水を入れます

Umo Green S/L

次に付属の計量カップでウモグリーン10mlを加えます。

これをミネラルウォーターの入ったペットボトルに注いで
ペットボトルをよく振ると希釈したウモグリーンが完成です。

ウモグリーンは開封したら2℃~10℃に要冷蔵なので,すぐに冷蔵庫で保存します。

Umo Green S/L

これが出来上がの写真です。

どうみても青汁に見えませんか?

ですが、ウモグリーンは濃縮液です。

飲み心地が青汁とは違います。

全く粉ぽさがありません。さわやかな飲み心地でスーッとからだに入っていきます。

我が家ではペットボトルを3本作って冷蔵庫で冷やしていますが、

休みの日は家族が揃うので1日で無くなってしまいます。

ちなみに子供には必要ないので飲ませません。

次に試したのは、夫が大好きな炭酸割りです。

Umo Green S/L

冷えたWILKINSONの強力な炭酸水をグラスに注ぎます。

Umo Green S/L

ウモグリーン50mlボトルから10滴ほど垂らします。

Umo Green S/L

これでウモグリーンの炭酸割りが完成です。

実は、これが一番美味しいと夫が気にいった飲み方です。

そして夜になると・・・・夫はせっせと氷と泡盛(沖縄のお酒)を用意して、

そこに、ウモグリーンを入れ泡盛&炭酸割りを「うまい!」と言って飲んでいます。

夫はお酒は2杯までと決めて楽しんでいるようです。

Umo Green S/L

ウモグリーンSはホットでも飲めます!

両親は緑茶が大好きで食事の時には絶対欠かせません。

今までは透明のウモだったので、緑茶にも入れて飲んでいたのですが、

ホットでも飲めることが分かり、両親は緑茶の代わりにウモグリーンをホットで飲むようになりました。とっても満足しています

ですが、少し残念なのは夫や私はコーヒー派です。

さすがにコーヒーに入れると味も色も変わります。

飲んだ感想を一言で言えば『とても美味しかった』

というものです。

今では、両親も夫も私もそれぞれ自分の好きな物にウモグリーンを入れて飲んでいます。

ちなみに、ドレッシングを作る時に入れても美味しくいただけます!

ウモは3種類の中から選べます。

私たち家族は、普通の透明のウモとウモグリーンSの両方を飲んだことになりますが、家族の中では、断然ウモグリーンが人気です。

理由は美味しいからです

私的には経済的に透明なウモにしたいと思いました。そしたら、家族からは反対の猛攻撃です。

でも、みなさんは自分にあったウモを選べばいいと思います。

下の表にあるようにドクター104には3つのタイプのウモがあります。どれも珪素濃縮液です。

商品名
ウモ濃縮液
通常タイプ
ウモグリーンL
ライトタイプ
ウモグリーンS
ストロングタイプ
内容量
500ml
500ml
500ml
価 格
(税込)
送 料
21,000円
送料無料
25,000円
送料無料
27,000円
送料無料

一般的にウモ濃縮液は、無色透明です。

微妙に味とニオイがあるので、敏感な人は気づくと思います。

ただ無色透明なので、お肌のケアや保湿なども使えます。

ウモグリーンは色が付くので飲用以外の使い方はできません。

またコーヒーやジュースに入れて飲むこともできますし、

ご飯を炊く時や煮込み料理などに入れて使うこともできます。

純粋な珪素なので、余分な成分は入っていません。

ちなみにウモと名前の付く製品が色々な会社から発売されていますが、中身のウモ濃縮液は同じものが使われているそうです。 しかしウモ濃縮液に天然葉緑素(クロロフィル)が入っているのはウモグリーンだけです。この差は大きいかも?

ウモグリーンの公式ページ

もっと詳しいウモグリーンの情報はコチラ

Umo Green S/L




ページの先頭へ